湘南でビーチクリーンに参加しよう!

サーファー・ローカルがうざい。と思った時のこと。経験談全部お話します。

Sea

おはようございます。

本日は波が良いので、江の島のカフェから更新しています。

記事を書いたら海にいってきます!

この記事にたどり着いたあなた。

もしかして、サーフィン中に嫌なことありましたか?きっとそうですよね。

サーファーがうざいだとか、ローカルがうざいだとか、そんなことを思った経験をしたんですよね。わかります!

この記事を読んで、もうそんな思いをしないだとか、そんなことを言うつもりはありませんが、共感し合うだけで案外すっきりするものですので。

今日は僕が経験した、「サーファーがうざい」と思ったエピソードを5点お話したいと思います。

スポンサーリンク

サーフィンの嫌なエピソード3選

僕が経験した嫌なエピソードです。

「あるわー」と、少しでも共感してくれたらコメント頂けると嬉しいです。

①ギャルババとオヤジ集団

夏の海での出来事です。

気づかず前乗りをしてしまったんです。私が。

波に乗ろうとした瞬間に、向こう側に既に人(ギャルババ)が乗っていることに気づき、テイクオフの姿勢まで入りかけたところで直ぐにでその波から降りました。

無事故・無接触で、進路の妨害になんて全くならない余裕のあるポジションで降りました。

その後、乗っていたギャルババから「チッ」と舌打ちをされます。ルール上、悪いのは僕であることは間違いないので「ごめんなさい」と謝ります。

どうやらギャルババはオヤジ共3人と来ていたらしく、応戦するかのようにオヤジ共が、わざと僕に聞こえる大きな声で

  • あれはねーわ
  • クソすぎだろ
  • 早く海からあがれよアイツ
  • 〇〇ちゃん大丈夫!?ケガない!?

と言いたい放題。

まず、ルール違反を犯す一歩手前で引いてるんで、そもそも僕が謝る必要もなかったレベルなのですが、「お前ら必死かよ」と。というか賞味期限切れだろ、と。

もうこうなると、どれだけこちらの主張を正当化しようと無意味なので、すぐに海からあがって別のポイントでやりました。正直、最強にムカつきましたけどね。笑

②金銭を要求するDQN

これは僕がサーフィンを初めて3回目とかの超ド初心者の頃の話です。

この時も前乗りが原因なんですよね。

画像参照元:OC Weekly

初心者の頃はテイクオフするとき波に夢中で全く周りが見えてないですから、違反を犯す確率が必然的に高いです。

サーフィンが楽しくない?初心者が波乗りを楽しむにはどうすればいい?
サーフィンを経験して壁にぶち当たったひと。混雑していて全然波に乗れないひと。一度この記事を読んでください。まずは考え方をシンプルに割り切ってしまって、楽しむことを優先してサーフィンをやりましょう。きっともっとサーフィンを好きになるはずです。

その時も途中で気づき、無接触で事が済んでいます。

すると、そのサーファーから「おい、金出せ」と要求されます。

「はい?」と理解できないという顔をすると「お前、前乗りしただろ、ボード壊れたらどうすんだよ、金出せ」とDQN。

「ボード壊れたんですか?」と聞くと、「違反金だよ。出せ」とDQN。

もうこうなると反論しても意味がないので、「ごめんなさい」だけ言って、すぐに海から上がって別のポイントへ移動します。

幸い、DQNは追いかけてくることはなかったです。近くにツレがいたみたいで、その人の元へ戻っていきました。

これもね、悪いのは自分ですけど、ここまで言われる必要あるかと。

まず、論点違いますが、海の上に現金持ってきている人はいないでしょ。笑

③殴り合いをするサーファー

Surf Fighting
画像参照元:inertia

これは僕のことではありませんが、夏の鵠沼で見たことがあります。大学生くらいの年代だっだのかな。

事情は何だったのかわかりませんが、サーファー同士で胸ぐらを掴んで争っていました。

周りの友人同士が仲裁に入っていましたが、そんな姿を目にしたこともあります。

ここまで説明するとわかると思いますが、そう、サーファーとは愚かな生き物なのです。笑

スポンサーリンク

良い人もたくさんいます。

サーファーにはもちろんいい人もたくさんいます。

テイクオフしかけて波を譲ると、「譲ってくれてありがとう」とわざわざ声をかけてくれるおじさまもたくさんいます。

「お兄ちゃんさっき譲ってくれたから、次の波乗ってよ」と言ってくれるおじさんもいました。

また、海からあがってビーチクリーンをしていたら「ありがとう。よかったらゴミ袋貰うよ」と声をかけてくれて、僕が渡したゴミ袋を使ってビーチクリーンをするおじさんにも出会ったことがあります。

全員が全員うざい人というわけではないので、この記事を読んでもそこは誤解しないでくださいね。

スポンサーリンク

サーフィンで「極力」嫌な思いをしないために

これを抑えておくといいです。どうせサーフィンやるなら気持ちよくやりたいですよね。

せっかく楽しみにやってきた海の上で、人から理不尽にキレられたりすると本当に嫌な気分になります。

なので、「どうすればキレられないか」僕なりに導いた結論がこちらです。

①ルールは守る

これは前提ですね。

前乗りをしない、進路を邪魔しない、譲り合う、この辺の大ルールは抑えておいて損はないです。

基本的なことなのですが、大体この辺を守っておけば、嫌な思いすることはほぼないです。

逆に言うと、これをやってしまうと、キレられるのは当然です。

②集団に近づかない

group of people playing on beach

基本、サーフィンしていてうざい人って、集団でいる事が多いんですよね。

最低2人。4人とか5人とかでいる人達には近づかない方がいいです。集団でいることで気が強くなっちゃうんですよね。これは海だけでなく地上でも同じです。

文句を言われる可能性が高くなります。つまり、確率の問題です。

1人でサーフィンしている人で怒っている人はあまり見たことないです。

何より僕はひねくれ者なもんで、サーファー同士の笑い声とかも結構気になってしまって、あまり団体の近くにはいかないようにしています。

上記の2つを守るだけで、嫌な思いをする確率は大幅に低減できると思います。

スポンサーリンク

なぜサーファーは喧嘩腰なのか?

サーフィンをしない人にとっては

怒るとか子どもじゃないんだから。

サーファーはずいぶんと気が短いのね

と不思議に思う、理解できないこともたくさんあると思います。

もしくは、サーフィンをはじめたばかりの人も上記のような疑問・葛藤にぶつかるでしょう。

①サーフィンとはそういうものです。

そう、サーフィンとはそういうものなのです。そう思うしかないんです。

「理不尽な人が多いな~」なんてことは海にいるサーファー全員が1回は思ったことがあると思います。

これは日本に限らず世界にいっても同じです。オーストラリアやハワイなどのメジャーなポイントでも、ローカルとの争いなんてのは本当によく聞きます。

サーフィンでローカルと喧嘩した時(しないため)の対処法 | サーフィン
この記事を読んでいる人はきっと一度はサーフィンでローカルと喧嘩した経験があるか、喧嘩を見たことがある人ではないでしょうか。 あるいは、ローカルと揉めないためにはどうしたらいいか知りたい人かもしれません。 はたまた、ローカルとかうざいしめんどくさい!なんて考えている人もいるかもしれません。 サーフィンには他のスポーツと同...

少し余談ですが、以下の記事では私がサーフィンで洗礼を受けた話を時系列にまとめていますので参考にしてみてください。

【湘南】私が初めてサーフィンを経験した日。洗礼を受けた日。そしてハマるまで。
サーフィンをはじめて経験した感想と、それからハマるまでの経緯を時系列で示しています。また、誰もが通過する洗礼・通過儀礼についても書いています。この道を通ってみんなサーフィンがうまくなっていくのですよね。サーフィンの現実なんかもお話していきます。

②受け入れられないなら辞めましょう。

正直、キツい言い方に聞こえるかもしれませんが、その通りでして。

サーフィンは世界一難しいスポーツとも言われるほど、本当に上級者までの道のりは過酷です。

サーフィンが難しい13の理由
週5日サーフィンしてるセネ山( @afsurf1 )です。 「サーフィンってなんでこんな難しいの?」 この記事では、そんな疑問にズバリ回答します。 この記事を最後まで読めば、サーフィンが難しい理由と、

私だって、一生初心者のまま終わるかもしれません。笑

そんな過酷なスポーツなのに、人からキレられるなんて、正直やってられないですよね。

でも、そういうものなのです。受け入れられないなら、サーフィンなんて難しいスポーツに無理に固執する必要ないと僕は思うんです。

いまの上級者の人達も理不尽な独特の世界観と葛藤しながら、ここまでたどり着いたのですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました