江ノ島の海辺で機材持ち込みバーベキューできる場所はどこ?地図付きで解説します。

Town

江ノ島の近くでバーベキューがしたい?

確かに、海、江ノ島、空、富士山そんな最高のロケーションの下でBBQなんてできたら幸せですよね。

ただ、いざBBQをする前にこんな疑問が浮かびますよね。

江ノ島って機材持ち込みのBBQやっていいの?

そこで今日は、機材持ち込みで江ノ島周辺の海でBBQはやっていいのか?お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

必ず守ってほしいこと

藤沢市が公式にも言及していますが、必ず以下のルールを守ってください。

  1. ゴミは絶対に必ず持ち帰りましょう。
  2. 砂が汚れますので、直火にせず必ずコンロを用意してください。
  3. 海岸利用者の迷惑にならないようにしてください。
  4. 緊急事態宣言中はBBQは自粛してください。

上記のことは必ず守るようにしましょう。

こちらは、神奈川県の海美化活動をしてくださっている「かながわ海岸美化財団」のFacebookでの投稿です。

このようにバーベキュー利用者のゴミで海が汚れてしまっている現状です。

こうした状況が繰り返し続いてしますと、今後海岸でのバーベキューが禁止になるかもしれません。

スポンサーリンク

江ノ島周辺の海でBBQはできるのか?

結論で言うと出来ます。

江ノ島の海全域でできるわけではありませんが、時期と区域さえ守ればバーベキューはやってOKになっています。

なのでこれから

  • やってはいけない時期
  • やってはいけない場所
  • やっても良い時期・場所

それぞれ説明していきますのでどうぞご確認ください。

スポンサーリンク

江ノ島でバーベキューをやってはいけない時期

海水浴シーズンと言われる7月1日〜8月31日は全域でバーベキューが禁止になります。

年度によっては6月の最終週、9月の最初の週も禁止になることがあります。

海の家が営業している日=海開きがされている日

になりますので、江ノ島の海の家の営業カレンダーなどを確認して、開催可否を確認してください。

スポンサーリンク

江ノ島でバーベキューをやってはいけない場所

江ノ島島内

言うまでもなく、江ノ島の島の中は全域でバーベキュー禁止です。

もちろん、島の中で海沿いだったとしても禁止のエリアとなります。

間違えても橋を超えた先ではバーベキューはしないようにしましょう。

片瀬海岸

片瀬海岸も全域でバーベキューが禁止です。

東浜・西浜ともに禁止のエリアとなります。

江ノ島周辺の海を管理しているのは神奈川県藤沢土木事務所になるのですが、直接電話で問い合わせました。

「海岸利用者の迷惑にならないように」という規則に触れるため、禁止のようです。

確かにこのあたりは観光客・地元人含め人が多く、煙が漂っていたら嫌な気分になる人も多いでしょうから、私もこのエリアが禁止で良かったと思っています。

鵠沼海岸

鵠沼海岸も片瀬海岸から繋がる真っ直ぐの海岸線沿いではバーベキュー禁止となっています。

同じくこちらも神奈川県の藤沢土木事務所へ問い合わせしました。

つまり基本的には江ノ島の海ではバーベキューできないと思った方がいいですね。

ちなみに少し話は変わりますが、私は鵠沼という地域が大好きで、以下の記事では鵠沼が最高だという話をしています。もしよろしければこちらの記事も読んでみてください。

湘南藤沢の「鵠沼」住所がかっこいいと思う。ブランド住所だと思う。
皆さんこんにちは!夏ですね。夏が始まった感じが漂いますね。皆さんは「鵠沼」という地名をご存知ですか...
スポンサーリンク

江ノ島周辺でバーベキューをやっても良い場所

ちょっと見にくいと思いますが、上記画像の青枠で示している箇所です。

上述の通り江ノ島周辺の海ではほとんどの場所でバーベキューが禁止となっていますが、唯一ここでできます。

引地川沿いの側道です。

ここは砂が上から覆いかぶさってますが、地面の下地はコンクリートになっていて歩きやすく、バーベキューをするといったらやりやすい場所だと思います。

土日になると年間を通して、グループで利用している人がいます。なので、いざ開催する時は早めからいって場所取りを事前に済ませておいた方がいいかもしれません。

私も年間を通して何度も海へ足を運びますが、ここ以外でバーベキューをやっている人はいませんね。

スポンサーリンク

バーベキューをするなら江ノ島より茅ヶ崎がおすすめ

このように江ノ島の海でバーベキューは出来る場所が限られていて、混雑もしていますので、開放感に関して言うと物足りないかもしれません。

バーベキューをやるなら、広々とした開放感の中でやりたいですよね。

それなら僕は茅ヶ崎ヘッドランドビーチをおすすめします。

ここは地面がウッドデッキになっていて、公式に機材持ち込みバーベキューがOKな場所です。

片瀬・鵠沼の海よりも人は少ないですし、江ノ島も左手に眺めることができます。

そして、目の前には茅ヶ崎のシンボル烏帽子岩(えぼし岩)を眺めることができます。

天気がよければ右手に富士山も拝むことができます。

もちろん、利用料金はかかりません。

スポンサーリンク

アクセス性も江ノ島と大差ない茅ヶ崎

車で行くなら何も心配いりませんが、バーベキューやる場合、お酒も飲むでしょうし、電車で来る人も多いですよね。

茅ヶ崎と聞くと、江ノ島よりももっと遠いイメージがありますよね。さらに、

茅ヶ崎の海だと江ノ島と違って電車でのアクセスは厳しいよね?

と心配しませんでしたか?

確かに江ノ島は電車でのアクセスに非常に優れていますが、上述の通り、江ノ島・鵠沼の海でバーベキューができるのは、鵠沼海岸の中でも端っこの方だけです。

片瀬江ノ島から鵠沼のバーベキューポイントまで歩こうと思ったら徒歩23分かかります。(Google Mapより計算)

小田急鵠沼海岸駅から歩いても15分かかります。

一方、茅ヶ崎ヘッドランドビーチも駅から徒歩で20分程度です。

さらにJR茅ヶ崎駅から海までは公共のバスが走っていますので、バスを使えば10分程度でアクセスできます。

そういう意味でも私はどうせ海沿いでバーベキューするなら茅ヶ崎がおすすめだと声を大にしておすすめしたいです。笑

スポンサーリンク

まとめ

以上、江ノ島周辺の海で機材持ち込みバーベキューをやるならどこがいい?特集でした。

上述の通り、必ずゴミは持ち帰りましょうね。

そして、どうせならもう少しだけ離れて、茅ヶ崎の開放的な海でバーベキューも良いですよ。

という話をさせて頂きました。この記事が皆様の参考になれば幸いです。

なお、以下の記事では江ノ島周辺のサーフィンおすすめポイントを紹介しています。

バーベキューのついでにサーフィンできたら最高だと思いますのでよかったら参考にしてみてください。

【初心者向け】江ノ島周辺のおすすめサーフィンポイント5選紹介!
湘南はサーフィン発症の地とも言われており、年間を通してたくさんのサーファーが訪れます。今年初めてサーフィンに挑戦しようと思っている人でも、湘南でサーフィンデビューする人も多いと思います。そこで今日は湘南のサーフィンポイントとして初心者にもおすすめできるポイントを解説していきます。

それではまた次回の記事でお会いしましょう。Bye

コメント