湘南でビーチクリーンに参加しよう!

藤沢・江の島周辺でビーチクリーンに参加しませんか?誰でも参加できる団体を紹介します。

Life

ゴールデンウイークの江の島周辺は大変混雑して、車では殆ど身動きが取れない状態でした。

それに比例するかのように、海の方ではゴミが目立ちました。

観光客が増えて、地域に活気が蘇るのは大変ありがたいことですが、ゴミが増えるのはどうにかしたいですね。

藤沢駅南口は汚い。再開発へ向けて見直すべき箇所や課題を筆者なりに分析しました。
治安が悪いと言われている藤沢駅南口周辺の問題や課題を記事にしました。写真付きで藤沢駅南口の悪いところを解説していますので是非最後までご覧いただけると嬉しいです。
藤沢・江ノ島はごみが多い。ゴミ問題をどうにかしたい。独り言記事です。
藤沢・江の島周辺はごみが多く汚いと言われています。汚いのは実は観光客が汚すごみが大半なのですが、今日はそのごみ問題について真剣に考えていきます。なぜ汚いのか、どうすればいいのか、どうすれば海が綺麗になるのか、みんなできるものは何か、それぞれ考えていきたいと思いますので是非最後までご覧頂けると幸いです。

そこで今日は、少しでも江の島周辺の海が綺麗になるように、江の島周辺のビーチクリーン団体を紹介します。

どの団体も、誰でも無料で参加できるので、是非、江の島観光のついでにビーチクリーンへご協力頂けると幸いです。

スポンサーリンク

江の島周辺のゴミ問題について

関東近郊の人からは「江の島の海は汚い」とよく言われます。

実際海洋の質がとびっきり悪いわけでは全くないのですが、外部の人から「汚い海」と思われるのは地域住民としては少しショックです。

とはいっても、首都圏から一番近いビーチということもあり、ゴミが多いということも残念ながら事実なのです。

海洋ごみの7割は河川から運ばれてくると言われていて(参考文献:かながわ美化財団)、江の島周辺は「境川」と「引地川」という2つの二級河川の河口となっていることもあり、周辺の海に比べてゴミが流れつきやすいのです。

湘南の人は本当に地元愛が強い人が多く、愛する地元の海を守るために無慈悲のビーチクリーン隊が活動して海岸を綺麗にしてくれています。

なので、こうした人々の活動がもっと世の中に広まるように、今日は団体を紹介していきます。

スポンサーリンク

①NPO法人海さくら

おそらく今回紹介する団体の中では最大規模の団体です。

江の島近郊で2005年から現在まで17年間ずっとビーチクリーンを呼びかけ実施してきた団体です。

その活動は地域だけでなく国内からも認められ、2015年からはサッカーJ1リーグの「湘南ベルマーレ」も共同で参加し、現在では12のプロチームと共に活動しています。

また、もはや片瀬東浜の海の家名物となりましたが「釘のない海の家」を運営している団体でもあります。

釘のない海の家
画像参照元:海さくら公式

このNPO法人海さくらを応援する企業・スポンサーも名だたる会社が多く、本当に感謝で頭が上がらない団体です。

ビーチクリーンに参加するためには?

スポンサーや地域の団体で運営されている「SHONAN530」の特設ページから確認頂けます。

特設ページのリンクはこちらです。

530 = ゴミゼロ という意味です。

現在は2022年5月7日ですが、参考までに、次回の開催日時は5月30日となっています。

「毎月何曜日に開催」という風に決まっているわけではないのようなので、順次こちらのページを確認して頂ければと思います。

スポンサーリンク

②NagareBoshi(ながれぼし)

画像参照元:BLUE SHIP – ながれぼし

上述したinstagramのゴミの写真を撮影して頂いた@warunori_555さんが代表を務めるボランティア団体です。

ながれぼしという名前の由来は、いつもゴミを探して下ばかりみているけど、いつか空ばかりみれる世の中にしたい、活動に参加することによって願いがかないますように、そんな意味で「ながれぼし」という団体名がつけられたそうです。素敵ですよね。

特に代表のワルノリさんのinstagramの投稿は、海を愛する思いや努力が伝わってくる素敵なアカウントですので、フォローするだけでも価値があると思います。

ビーチクリーンに参加するためには?

画像参照元:warunori_555 instagram

この団体は毎月第三日曜日に片瀬東浜で活動しています。

参加費は無料ですが、事前予約が必須ですので、団体のホームぺージから予約をしてご参加ください。

暑い日に参加する方は水分補給できる飲み物の持参を忘れずに!

  1. 主催団体:Nagareboshi(ながれぼし)
  2. 開催日:毎月第三日曜日
  3. 集合場所:片瀬東浜
スポンサーリンク

③FMBC(フライデー、ホーニング、ビーチ、クリーン)

画像参照元:BLUE SHIP – Beach Clean for Dogs

こちらは湘南の海を散歩するワンコのために海を綺麗にしようと呼びかけている団体です。

団体が創設された理由も、愛犬と一緒に海遊びしていた際に海岸でビーチグラスを見つけ、肉球が怪我しないか心配したことがきっかけだったそうです。

愛犬を連れてのビーチクリーンに参加できます。

ワンコの散歩で、海の景色も眺められ、ビーチを綺麗にできる、1石三鳥ですね。

ビーチクリーンに参加するためには?

毎月第一日曜日に松波海岸で開催されています。

「松波海岸」といっても地元民以外分からないと思うので、下記の地図を参考にしてください。

この海の最寄の交差点が「松波」という交差点で、交差点を横断する地下通路が「松波地下道」と呼ばれ、サーフポイントにもなっています。

住所上はここも鵠沼海岸と呼ばれますが、地元サーファー達からは「松波地下道前」と言われるポイントで、僕らからするとここは「松波」です。笑

ただ、予定が変更になる可能性もあり得ますので、詳しい日程は必ず下記のホームページから確認してください。

公式ホームページ

BLUE SHIP – BEACH CLEAN for Beach Dogs

instagram

  1. 主催団体:FMBC
  2. 開催日:毎月第一日曜日
  3. 集合場所:地下道前
スポンサーリンク

④鵠沼スタイル

画像参照元:instagram – 鵠沼スタイル公式

こちらは僕が個人的にひそかに応援している方たちです。

湘南を中心に「HEART × BODY」というパーソナルフィットネスクラブを4店舗運営している会社です。

Youtubeでは「鵠沼スタイル」という地域情報メディアも運営していて、僕はこちらをきっかけで知りました。

この鵠沼スタイルが湘南地元民から愛されていて、地域貢献の一環として、誰でも参加できるビーチクリーンを定期的に開催しています。

ビーチクリーンに参加するためには?

鵠沼スタイルは毎月最終土曜日にビーチクリーンを行っています。

こちらも無料で参加することが出来ます。

当日の飛び込み参加もOKと言われていますが、タイミングによっては他のボランティア団体と合同で開催していることがあるので、事前にホームページなどで情報をチェックしておくのが良いと思います。

instagram

youtube

HEART × BODY

集合場所は鵠沼海岸の銅像前と言われるポイントです。

銅像前が分からない場合には下記の地図を参考にしてもらえればと思います。

  1. 主催団体:鵠沼スタイル
  2. 開催日:毎月最終土曜日
  3. 集合場所:銅像前
スポンサーリンク

⑤江の島水族館(えのすいecoデー)

えのすいeco | 新江ノ島水族館
画像参照元:新江ノ島水族館公式

こちらは皆さんがご存知の江ノ島水族館が開催するビーチクリーン活動です。

水族館は、海の生き物と共に経営・運営している施設ですので、海を誰よりも大切にしている団体の1つだと思います。

海が汚されてしまっては、お客様を呼ぶことも出来なくなってしまいます。

地域や世界中の方たちと協力し合いながらeco活動を進めていくと、ホームページでも謳っています。

なんとこの活動は2009年から開催されている歴史あるイベントとなっております。

知名度のある施設ですので、多くの方々が毎度参加してくれています。

ビーチクリーンに参加するためには?

毎月第三日曜に江ノ島水族館前のビーチで開催されています。

予約は不要で開催時間に直接「湘南お祭り広場」に集まれば参加することができます。(参照サイト:新江ノ島水族館公式

湘南お祭り広場の場所がわからない場合は下記の地図を参考にしてください。

  1. 主催団体:新江ノ島水族館
  2. 開催日:毎月第三日曜日
  3. 集合場所:湘南お祭り広場

コメント

タイトルとURLをコピーしました