藤沢駅周辺で、マンションvs戸建て おすすめはどちら?購入者の目線で考察してみた。

Think

皆さんこんにちは。

今日は天気が良くないので自宅で78円のやっすいコーヒーを飲みながら更新しています〜

湘南藤沢で家を買いたい。そんな人のために書いた記事です。

私も藤沢で賃貸暮らしをしていて、「ここなら一生住んでも良いなぁ」と思って、なんなら「ここなら一生住みたいなぁ」と思って、藤沢市内で住宅を購入しました。

これは私自身の体験談になりますが、不動産業界に勤める友人やファイナンシャルプランナーさんなどから知識を頂いて決断した結果になるので、これは皆さんにとっても参考になる記事になるかと思います。ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

賃貸?購入?マンション?一戸建て?

家なんて買うべきじゃないよ。一生賃貸マンションに暮らすのが一番良いよ!

家をどうせ買うなら広々と使える一戸建てが絶対いいよ!

メンテナンスや資産価値を考えると絶対マンションが良いよ!

いざ、住宅を購入しようと思うと、多くの人にとっては人生で最大の買い物になるなので、まずは自分でたくさん色々と調べますよね。

Youtube, ブログ, SNS, 不動産情報誌など本当にたくさんの情報を比較して、どれが正解なのかわからないままたくさんの情報を手にすることになります。 なので多くの人が

結局のところどれが正解なの?

という疑問に直面するかと思います。

スポンサーリンク

住宅は、結局のところ「自分がどうしたいか」で決めるべし!

買う?借りる?

戸建て?マンション?

新築?中古?

 

本当に様々な情報を比較して、あれでもないこれでもないと情報を仕入れて。

それでもまた新しい意見や知識が次々と交わされて。結局どれが正解かわからない。

そんな悩みにぶちあたりますよね。

最終的に私が行き着いた結論は、

この疑問に正解は存在しない。最終判断は「自分がどうしたいか」で決めるしかない。

というのが私が最終的に行き着いた結論です。

なので、賃貸暮らしを否定する気も肯定する気もないですし、マンション暮らしと戸建て暮らしもどちらも素晴らしい色を備えていると思っています。

要するに、この話に正解なんてものは存在しないのです。

そりゃそうなんですよ。

人それぞれ「ライフスタイル」というのがあって、趣味や思考、生き方・考え方、収入・働き方なんかもみんなそれぞれ違うのです。

なので、反対意見を知っておくことは非常に重要ですが、意見の全てを鵜呑みにする必要なくて、最終的には自分がどうしたいのか、という意思を持たないとこの決断はできないというのが私の意見になります。

今度別の記事で、住宅購入に迷っている人向けの記事も書いてみようかなと思いますので、時が来たらそのリンクもこちらに貼っておきます。

スポンサーリンク

以上を踏まえてのこの記事の前提条件

このブログのテーマは「湘南」にフォーカスして書いているブログなので、ここから本質的な話をしていきたいと思います。

前述している通り、この意見に正解はないと強調しておきますので、異論はもちろん人それぞれあると思いますので、それを前提に読んでいただけると大変ありがたいです。笑

スポンサーリンク

藤沢駅で住宅購入をするならマンションが良いと私は思います。

見出しで結論を言ってしまいました。

繰り返しですが、藤沢駅周辺で住宅購入を検討するなら、私はマンションが良いと思っています。

もちろん根拠や理由がありますので、順番に説明していきます。

①日常生活に車が必要ない

藤沢駅は、乗り入れするJR線・小田急線・江ノ島電鉄線の乗降者数を合計すると、1日乗降者数が約30万人ほどのビッグターミナル駅で、駅前周辺には多くの商業施設が存在します。

別の記事でも記載しましたが駅前のスーパーマーケットだけでも、10件以上の店舗が存在します。

藤沢駅周辺は一人暮らしの味方!最適な理由と絶対オススメのスーパーを紹介します。
藤沢駅周辺は外食だけでなく自炊するのにもとてもオススメです。 というか、湘南移住で自炊を検討しているなら、とりあえず藤沢に住んでおけば自炊に困ることはありません。というくらいおすすめです。 今日はそんな藤沢駅周辺のスーパーを全部紹介したいと思います! (番外)藤沢駅の飲食店の数 湘南には本当に多くの飲食店がありま…

日用品の購入もそうですが、役所も駅から徒歩圏内ですし、子供が生まれても、保育園や小学校なども駅周辺から徒歩圏内にあります。

郵便局や大きな公園なんかも徒歩圏内に存在するので、駅周辺において車を必要とする機会が殆どありません。

すると、マンション購入において大きなデメリットになる「駐車場のランニング費用」という負担がなくなります。

②周辺道がひどく渋滞する

画像参照元:読売新聞オンライン

①で記載している内容に少し重複しますが、駅周辺の道路が大変混雑します。特に国道467号線と134号線が大変で。

観光地江ノ島に向かうのに、藤沢以北からアクセスしようとすると、殆どの場合はこの道を避けて通れないので、それにより道路大渋滞が生まれてしまうのですよね。

なので、せっかく車を持っていてでかけようとしても、渋滞で藤沢市から出られないなんてことが、カーシェア生活をしていてもよくぶち当たります。

なので、なおさら、車が必要ありません。

③駅周辺の地価が高すぎる

戸建てで住宅を購入しようとしたら、言うまでもなく、建物だけでなく土地が必要ですよね。

藤沢駅から徒歩10分以内で戸建てが建てられるくらいの広さの土地を購入しようと思うと、普通に5,000万円くらいの値段がします。土地だけでです。笑

特に藤沢駅においては、南口の土地が高いです。

藤沢駅や湘南の土地事情については、以下の記事でも紹介しているのでよかったら参考にしてください。

藤沢市・茅ヶ崎市、住みやすい住所ランキング!安い&高い土地情報も紹介します!
藤沢市・茅ヶ崎市ともに湘南の代表となる二つの自治体ですが、この地域は土地柄とても人気で値段も高い地域です。移住といっても都内で働くのと同じくらいの給料もらえないとここで生活していくのはなかなか大変です。そこで今日はこの2つの自治体で、値段の高いエリア・安いエリアを比較して、筆者の考える最適な住所を紹介していきたいと思います!

稼ぎの良い人にとっては問題ではないのかもしれませんが、都心を離れて、湘南で広い家を買って、のびのびと暮らそうと思っても、都内と同じくらいの土地の値段がしてしまうという現実が藤沢には存在します。

土地によってはもっとするかもしれません。

もちろん、駅からもっともっと離れればいいのですが、駅からの距離は遠くなりますし、何より藤沢市内には電車がたくさん通っていますので、駅から離れると、今度は別の駅に行き着きます。

するとまた駅近の値段になって値段が高くなるんですよね。

たまたま条件の良い土地が見つかっても、やはり難ありの条件付きの土地であったりすることがほとんどです。日が当たらないとか、周辺に変な人が住んでいるとか。

④建物修繕管理が楽

これを気にされる方はあまりいないかもしれませんが、海なし県埼玉からやってきた私にとっては大切なポイントでした。

藤沢駅は海から3.4kmほど離れているので、そこまで過剰に心配する必要はありませんが、夏の湿度が高い時期などになると、たまに潮の香りがする日があります。

これは夏の風向きが南風になることによって、海の塩分を含んだ風が藤沢駅の方まで流れ着いているということですね。

潮の影響を受けると建物は痛みやすくなるので、その分修繕にかける費用が増してきます。そういう意味でも、建物全体的に、管理会社が計画的な修繕を実施するマンションは、管理が楽というメリットがあります。

⑤ロケーションが良い

鵠沼海岸

駅から徒歩圏内というロケーションももちろんですが、それ以上に、藤沢駅周辺のマンションは、湘南カラーに仕立て上げられていることが多いです。

その人にとって必要かどうかは置いておいて、最近建ったマンションはほとんどがサーファー用のシャワースペースなんかがあります。

サーフボードロッカーがあったり、ギャラリーで海の絵を展示したり。

辻堂の方にある大和ハウスが手掛けている大型マンションは、BBQスペースなんかもありましたね。

雨の日なんかは家から出ないで、ゆっくりと読書をして時間を過ごしたい、なんて日も、マンションの供用ラウンジやフリーデスクなどを利用して、家の中とは別の空間をゆったりと利用することができます。

また、マンションによっては建物の最上階に展望台スポットなんかが用意されている物件もあって、湘南の海・江ノ島がいつでも眺められる環境なんかも用意されています。

それを戸建てで実現しようと思ったら一体いくらの費用が必要なのでしょう。

その辺りを予算内で手に入るという意味では、戸建てよりもマンションなのかもしれません。

もちろんその分、戸建てにはない「管理費」というものが存在するので、コストとの関係性については重要なポイントになります。

スポンサーリンク

まとめ

以上が私が藤沢駅周辺では戸建てよりもマンションが向いているという結論に至った理由です。

本当はマンションの賃貸需要なんかも書いていきたいと思ったのですが、これは強い確信がないのでやめておきます。

ただ、以上の5個については、参考になる情報かと思いましたので共有させていただきました。

この記事がみなさんにとって役に立つことができたら大変幸いに思います。

コメント