湘南の冬サーフィン、ウェットスーツどうしてる?セミドライは不要!?

Life

皆さんこんにちは!年末ですね。

「良いお年を」に続く言葉は「お過ごしください」じゃなくて「お迎えください」ですよ!

先日、鵠沼でサーフィンをしていたら、途中から雪が降ってきました。雪の中サーフィンをやったのは初めての経験でした。

雪が降っていても、海に入ってしまえば関係ないので、雪だろうが殆ど気になりません。本当に冬の湘南サーフィンは最高です。

湘南の冬サーフィンは最高です。メリットばかりの湘南の冬の海について解説します。
湘南の冬のサーフィンについて紹介します。冬こそ初心者はサーフィンやるべきだと思います。今日はそんな冬にサーフィンをやることのメリットについて紹介しようと思います。是非最後までご覧ください。

最近、湘南のウェットスーツ事情について思ったことがあるので、今日はそれを記事にしようと思います。

スポンサーリンク

湘南の海は冬でも温かい

これは県外のサーファー(特に千葉北)からよく言われます。湘南の海水温は割と温かいらしいです。

僕は殆ど湘南でしかサーフィンをしないので、千葉や茨城の冬の海を知らないのですが、ネットで調べていても湘南は海水温が高いと言われています。

実際、今日(12月28日)の湘南の海水温は16.2℃です。一方千葉北は14.4℃です。約2度の差。

わずか2度程度の差ですが、これが海に入ると結構違います。

スポンサーリンク

セミドライスーツが不要

画像参照元:NewsDay

僕は湘南でしかサーフィンしないので、確信したことがあります。

湘南の冬サーフィンにセミドライスーツは不要です。笑 

いや、ちょっと強がりましたが、寒さを多少我慢すればセミドライスーツ不要じゃないか。という結論に僕は至りました。

ジャージフル(3mm×3mm)でいけます。しかし以下の条件付きです。

  1. インナーを着る!
  2. ブーツとグローブを着用する!
  3. ホットジェルを塗る!
  4. 朝一サーフィンを捨てる!

これが守れればセミドライスーツは不要と断言できます。詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

①インナーを着る

これは超大事です。

むしろ、インナーが無いと無理です。さすがにインナー無しでジャーフルスーツで冬サーフィンは自殺行為です。

裏起毛になっている素材がおすすめです。サーフィンのインナーは極暖ヒートテックがさらに極暖になったような品物です。

インナーを着た状態で海に入ると、ウェットスーツの隙間が無くなることで保温性が増し、ジャージフルでも温かいのです。

上下両方ともインナーは売っているので、両方着るのをおすすめします。

僕が実際に使っているインナーのリンクを貼っておきます。



この2つは本当に保温性が高いのでおすすめします。

あと、インナーを着ることのメリットがもう一つあって、脱ぐときが本当に楽なんです。笑

ウェットスーツって、肌にスーツがひっついて、脱ぐときに結構苦労すると思います。しかしインナーを着ていると、「スルスルスルッ」と簡単に脱げるのでオススメです。

スポンサーリンク

②ブーツとグローブを着用する

これも大事です。結構湘南では真冬でもブーツ・グローブ無しでサーフィンしている人がいますが、自転車サーファーにはブーツ・グローブが無いと帰り道がだいぶしんどいです。

車でサーフィンに来る方にとっては、ブーツ・グローブが無くてもギリギリいけるかもしれませんが、ジャージフルで冬にサーフィンするなら、身に着けておいた方が良いと思います。

以下にも僕が実際に使っている安いブーツ・グローブを紹介します。



スポンサーリンク

③ホットジェルを塗る!

これは去年まで使っていなくて、今年から始めて使い始めた秘密兵器です。

こんなものが世の中に流通していることを僕は知りませんでした。これ、本当に画期的です。


塗ったらもう5分後には保温性を発揮します。海水に濡れてももちろん保温性は維持されます。

保温性の持続時間は約2時間くらいです。車サーファーの人は車から降りる直前に塗っています。そして、ストレッチをしているうちに体が熱くなってきますので、そんな使い方が効果的だと思います。

特に、首元・腰・背中を温めると効果的と言われています。これに出会ったときは本当に衝撃的でした。寒がりのサーファーにとっては本当に世界が変わるくらいおすすめなので、是非使ってみてください。

実際に僕が使っているホットジェルのリンクは上記になります。

スポンサーリンク

④朝一サーフィンを犠牲にする

これには抵抗がある方も多いかもしれませんが、寒さが苦手な人のために、一応助言しておこうと思います。

朝一は形が良くメローな波がやってくることは誰もが周知の事実。

しかし、冬の湘南サーフィンにジャーフルで挑むなら朝一を犠牲にするしかないです。さすがに寒いです。笑

太陽の力は偉大です。波待ちの時間が太陽が出ているかどうかで、体感気温が随分と変わってきます。

とは言っても冬は日が昇るのも遅いので、「朝一」と言われる時間も1時間くらいです。

冬の湘南はオフショアが吹く確率が高いので、朝一を逃しても、なと比較してフェイスを崩されない可能性が高いです。1日中オフショアが吹く日も結構あります。

そういう意味でも冬の湘南サーフィンは最高なんです。

スポンサーリンク

ジャーフルスーツのメリット

何よりジャーフルは動きやすいですよね。着ているだけで疲れるっていうこともあまりないです。

一方、セミドライのスーツは、どうも肩回りがゴワゴワする感じが苦手で。パドリングしているとすぐ疲れてしまいます。

そして、ジャーフルスーツは着脱がものすごく楽ですよね。

一方、セミドライスーツは脱ぐのが本当に大変。平日サーフィンの時なんか、スーツを脱ぐのに5分くらいかかってしまうので、朝の忙しい時には大敵です。そして爪を引っかけて破けてしまったり。そういうリスクも潜んでいます。

また、何よりジャーフルは安いです。コスパが良いのもメリットですよね。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回は、真冬の湘南サーフィンに、セミドライスーツは不要という話をさせてもらいました。

もちろん、多少寒さは感じますからね!それでもちょっと我慢すれば全然冬でも過ごせるので、ジャーフルを買うか迷っている人にとって、何か参考になればいいなと思ってこの記事を書いてみました。

是非何かの参考になれば幸いに思います。それでは皆さん。良いお年を!

コメント