湘南Tシャツ。よかったらいかがですか?

湘南の波はサーフィンを楽しむには向いていない。でも〇〇には最適!?

Sea

今日は大好きなサーフィンのお話です。

湘南には本当に多くのサーファーが暮らしています。

その影響もあってか、湘南出身のプロサーファーもたくさんいます。

今日はそんな数多くのプロサーファーを輩出している湘南の波の特徴についてお話していきます。

スポンサーリンク

湘南の海はサーフィンには恵まれてない

湘南というと、キラキラとしたイメージで、華やかで、誰もがサーフィンを楽しんでいる印象があると思います。

ビーチへ ストックフォト

しかしながら、湘南の海の環境・波の環境は、ハッキリ言って、サーフィンに恵まれている環境とは言えないのです。

少しサーフィンをやっている人なら全員が首を縦に振ると思います。

理由は大きく分けて下記の2つだと私は考えています。

理由①波が小さすぎる

湘南の波は小さいのです。

湘南で最もコンスタントに波が入る鵠沼海岸ですら、基本サイズは「ヒザ」です。

ヒザサイズの波は、乗ってテイクオフした時にはもうほぼ全てスープになっているようなそんなスモールコンディションが殆どです。

「テイクオフ」「スープ」とは?

テイクオフとは、波を掴んでサーフボードの上に立つこと

スープとは、ウネリのある波が崩れて白いザブザブした波のこと

湘南の「普通」は、はっきり言ってサーフィンを楽しめるような状態ではないのです。

なので湘南のサーファーは小さな波でも簡単に波を掴むことが出来るロングボードに乗る人が圧倒的に多く、一方ショートでやる人はいつまでたっても波に乗れない、なんてことが日常茶飯事です。

理由②人が多すぎる

2022年5月29日 AM8:45(BCM波情報アプリより)

上述の通り、湘南の波は小さすぎるが故に、1日の中でもサーフィンが出来るポイントはかなり限られてきます。

よって、最も条件の良いポイントに大量に人が集まり大混雑します。

つまり、波が小さいのに、超混雑するんです。

やってられないでしょー?でもこれが湘南という海の特徴なのです。

スポンサーリンク

湘南でサーフィンをやるメリット

しかしながら、それでも湘南にサーファーが多いのは事実です。

実際、湘南エリアは数多くのプロサーファーも輩出していて、上記で挙げたデメリットを加味しても、上手なサーファーが多いのです。

では、湘南でサーフィンをやるメリットとは一体なんなのでしょうか。みていきましょう。

メリット①初心者には良い。全く怖くない。

湘南の波は小さくてパワーが少ない故、はじめてサーフィンを経験する人にとっては超最適です。(賛否両論はありますが。)

というのも、マジで波が優しいのです。

私も湘南出身のサーファーですが、はじめて千葉でサーフィンした時は波のパワーの違いに怖気づくほどでした。

千葉のように強いカレントで沖に流されてしまう心配も少ないですし、巨大な波に体ごと持っていかれるなんて心配もほぼ皆無です。

「カレント」とは?

日本語でいう「離岸流」。

沖へ向かって流れる波のため、沖に出るときにこれを利用すると楽なのですが、浜へ戻ってくるときにこれにハマると恐怖です。

防波堤やテトラポットの付近で発生しやすく、注意が必要です。

基本を覚えるのには最適で、基本を優しい波で完璧に習得できるからこそ、湘南のサーファーにプロサーファーが生まれるのかもしれませんね。

挑戦してみたい人にとっては最高な環境と言ってもいいでしょう。

メリット②台風の時「湘南マジック」が起きる

サーフィンする人

台風。

湘南のサーファーで良かったと思える瞬間です。

この日のために自分はサーフィンをやっていたんだと思える日が年に数回訪れます。

台風が訪れると、千葉や茨城、静岡のメジャーなポイントは殆どがクローズしてしまいます。

「クローズ」とは?

波がでかすぎて入らない方が良い状態のことを指します。

クローズしている海は命の危険がある状態です。

しかし、湘南は普段が波が小さいが故、台風が来てもクローズすることが少なく、

周辺の千葉や茨城、静岡を出し抜いて、パーフェクトウェーブが襲来します。

この時の湘南の波のクオリティは格別です。

メリット③台風の日は人が少ない

デメリットの点で上述した通り、湘南は圧倒的にロングボーダーが多く、台風の日になると殆どのロングボーダーがお休みになります。

というのも、台風の日にはロングボードだとドルフィンの難易度が高くなり、アウトまでたどり着くのが無理ゲーで、台風の日は必然的にショートボーダーのエンペラータイムが訪れるのです。

なので、日ごろの鬱憤をショートボーダーはここで発散させるのです。

台風の日だけは、湘南のサーフポイントは神がかっていると言っていいでしょう。

メリット④冬の水温が暖かい

湘南の水温は周辺の海と比べて比較的水温が高いという特徴があります。

もう11月になった時点で、千葉の北部の海なんかはセミドライスーツが必要ですが、11月の湘南はジャージスーツで全然入れます。

僕は12月~3月は千葉にはいきません。寒すぎるからです。笑

冬のサーフィン人口は急激に減りますし、冬はずっと湘南でのんびりサーフィンやろうと決めています。

冬の湘南サーフィンについては下記の記事で詳しく書いていますのでよかったら読んでみてください。

湘南の冬サーフィンは最高です。メリットばかりの湘南の冬の海について解説します。
湘南の冬のサーフィンについて紹介します。冬こそ初心者はサーフィンやるべきだと思います。今日はそんな冬にサーフィンをやることのメリットについて紹介しようと思います。是非最後までご覧ください。
スポンサーリンク

湘南は波は悪いけど雰囲気が良い

僕が、こんな条件の悪い湘南の海でサーフィンをやる最大の理由はこれです。

湘南の海は雰囲気が良いです。

太陽、江の島、ヤシノキ、富士山、そして江ノ電。

少し歩けば海沿いのおしゃれなカフェやレストラン。

街と海が絶妙な具合で調和し、南国のリゾート地にいるかのような景色の中でサーフィンができる。

夕方、景色がオレンジと黒のシルエットに代わる時間帯は、幸せ過ぎて1人で泣きそうになるほどです。笑

それが湘南でサーフィンをやることの最大のメリットなんじゃないかなーとか思っています。

まぁ確かに波が小さすぎて物足りないと思ってしまうことは多いですが、代わりにこのような素敵な雰囲気や景色を提供して貰えていると考えると、やっぱりサーフィンって最高だなーと思っていつも波に乗っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました